チャットレディがお得?風俗がお得?

どっちが稼ぎやすい?風俗とチャットレディ

チャットレディで働くか、デリヘルやキャバクラで働くのとどっちが稼げて、メリットが多いか知っていますか。

チャットレディとキャバクラや風俗などの水商売をくらべてみると、似たような業態の仕事ですよね。男性とおしゃべりして楽しませるという仕事です。

チャットレディはキャバクラなどの水商売と比べると、男性客と直接あう必要もないですし、アルコールを摂取する必要もないので、かなり有利だといえるでしょう。

チャットレディのデメリットとしては、知り合いなどがライブチャットで遊んでいたら、顔を見られて身バレしてしまう可能性がありますね。

チャットレディとよく比較される風俗と比べてみると、風俗は日給も高くその場で現金でもらえますが、見ず知らずの男性とセックスをしなければいけないという肉体的負担があります。

風俗やキャバクラなどの稼げる女性特有の仕事と、同じく女性が稼げると有名なチャットレディでは、チャットレディの方がメリットが多いと思います。

チャットレディならキャバクラなどにも劣らないくらい稼げますし、お酒を飲んだり直接触れられたりといったこともないので、サクサク稼げるお仕事です。

この記事では、チャットレディをやった場合のメリットとデメリットを比較しているのでぜひ参考にしてください。

チャットレディのメリットとは?

メリット1 セクハラされることがない

チャットレディをやっている人に聞いてみると、男性客と会う必要がないことが一番メリットに感じているというひとが多いです。

男性ユーザーと直接的にあう必要がないので、エッチなことをされたり、お酒を飲まされたりということもなく、物理的にも精神的にもサクサク仕事ができて、女性にはうれしいメリットですね。

たまに、アダルトチャットレディでもないのにアダルト行為を強要してくる悪質な客がいますが、そういう客は退場機能などを使えば強制ログアウトさせることができるので安心です♪

メリット2 時給が高く稼ぎやすい

チャットレディの仕事は何よりも高収入なことがいいですね。平均的なチャットレディの時給は4000円から6000円くらいで、最高で7200円にもなります。

月収に換算するとアダルトありかなしか、顔出しありかなしかによっても変わりますが、毎月20万円以上稼ぎ続けている人もたくさんいます。

毎月の報酬額支払いランキングの上位に食い込んでいる常連さんなんかは、毎月数百万円を軽々稼いでいます。

メリット3 家の中でも外でもどこでもOK!

次のチャットレディのメリットとして、店舗などに通勤する必要がなく、すべて家で仕事が完結出来るという点です。

キャバクラなどと違ってどこかに店舗があるわけではなく、ネット上が職場なので、家の中ですべて完結出来ます♪働くタイミングもどんな時間帯でもOKですし、時間数もどれだけ短時間でもどれだけ長時間でもすべて自分の都合に合わせることができます!

メリット4 空いた時間でお小遣い稼ぎできる

チャットレディの優れた点にいつでもどこでも働くことができるという点があります。

自分の自由に働く時間を決めることができるので、何の予定も入ってない休みの日や、何かが急にキャンセルになった隙間時間に効率的に稼ぐことができます。

気軽にライブチャットにログインしているというのは、チャットレディをやっている女性側に限ったものではなくて、男性もスマホやパソコンで昼間でも夜でもいろいろなお客さんがいるので、ひっきりなしに男性客がチャットサイトを使っています。

メリット5 容姿に関係なく採用される

キャバクラなどは人によってあうあわないがあるので、そのお店の特徴にあっていない人がいくら応募しても面接の際に落とされる確率が高いです。

チャットレディは面接がそもそもないところもあります。身分証明書と必要事項の入力で登録完了できます。

チャットレディの面接や登録で落とされるなんてのは、身分証明書の不備だったり、入力事項を適当に入力したとかくらいしかないと思います。

チャットレディのメリットは他にもあって、その即効性ですね。面接して登録完了してその日のうちに稼働することが可能です。

メリット6 見た目だけじゃない!

ファッションヘルスやキャバクラやガールズバーなどは、見た目のかわいさが最重視されますが、チャットレディは顔出しなしでも会話がうまかったりすれば人気チャトレになれてたくさん稼げます!

脱ぎありのアダルトチャットレディは顔を見せなくてもセクシーポイントがあるので、それだけで稼ぐことができちゃうんです♪

ライブチャットを日常的に楽しんでいる男性というのは、風俗やキャバクラなど日にならないくらい圧倒的に多くて、それだけ男性が多ければ、自分のことを好きに思ってくれる、相性のいい男性もたくさにるということです。

見た目に自信がない人でも、顔出しなしのアダルトでも、メールだけでも、お尻や足を売りにしたチャットレディでも、会話を磨いて楽しませることができるようになっても、いくらでも稼ぎ方のバリエーションがあります。

デメリット1 身バレする可能性がある

チャトレのデメリットと言えば、チャットレディをやっていることが、知り合いや家族などにバレてしまうことですね。

チャットサイトを顔出しありでやっている場合ですが、待機中は顔がずっと男性ユーザーの画面には配信されているわけですが、もし知り合いの誰かがそのサイトを使っていたら顔バレしてしまうということです。

顔バレしたくないひとは顔出しなしのアダルトチャットが一番おすすめですが、顔出しありの方が男性受けがいいので、顔出しありでやりたいけど、顔バレが怖いという人は、メイクやウィッグで印象をがらっと変えてしまうと言うてもありまりますのでとてもおすすめです!チャットルームにはウィッグや衣装の無料貸し出しサービスもあります!

また他にも、顔バレだけじゃなく、個人情報の管理なども大手のライブチャットなら徹底して厳重に管理されているので漏れることはありませんし、今まで漏れたこともありませんので安心してください。

チャットサイトから個人情報が漏れてしまうことはありえませんが、チャットレディ自身がヘビーユーザーの男性客に個人情報を漏らしてしまったら元も子もありませんので、仲良しさんでも自分のプライベートな住所や名前などは教えないようにしましょう。

デメリット2 待機時間ばかりになってしまう日もある

チャットレディは完全コミッション制です。チャット時間がなければ報酬が0円になってしまいます。

時給制のアルバイトは待機だろうがなんだろうが時間に対して報酬がもらえますが、チャットレディは実際にチャットするまで報酬が発生しないのがデメリットといえますね。

チャトレの平均時給は4,5000円くらいですが、待機時間を含めたすべての時給に換算すると少なくなります。待機時間を作らずに、次から次へと誰かがチャットしてくれればものすごい高時給になります。

デメリット3 キャプチャされる危険性

チャットレディをやっていると、このキャプチャのリスクというものもありますね。待機時間でも顔出しありでやっていたら、不特定多数の男性利用者に見られているわけです。

現在の技術では、チャット利用者がチャット中の画面をキャプチャすることを防ぐことはできません。

キャプチャすることを防ぐことはできませんが、ネット上に流すことは犯罪行為なので、そんなことまでしてネット上に流す人はいません。個人利用が目的の人がほとんどです。

風俗嬢をやるメリットデメリットを解説

メリット1 ものすごい高給取り

風俗もチャットレディも高い日給を誇ります。ソープは日給5万円くらい、デリヘルだと3万円くらいだと言われています。

風俗は汚い男性の相手もしなければならず、精神的にも肉体的にもストレスがすごいので、その代償として高い給料が保証されている感じですね。

メリット2 他のバイトより自由度が高い

風俗はチャットレディとは違い店舗に出勤する必要がありますが、一般的なバイトやパートに比べて、個人個人の好きな時間帯に出勤することができます。

メリット3 即日支払ってもらえる

風俗はすべてといってもいいくらい、出勤したその日の帰りにその日に稼いだ報酬をもらうことができます。

デメリット1 濃密な接客が必要

風俗というものはチャットレディみたいに強制ログアウト機能などがないので、不衛生な男性とか、失礼な男性にあたっても接客しなければならないという精神的負担があります。

不衛生な男性とキスとかオーラルセックスをしなければいけないので、きれい好きな女性にはかなりのストレスだと思います。

デメリット2 性病をうつされるかもしれない

風俗の最大のリスクは性病に移るかもしれないということです。どうしても濃厚な接触をする必要があるので性病のリスクは大きいです。

風俗おたくの男性は毎月1回以上はなんらかの風俗で楽しんでいるので、それだけ性病を持っている確率が高く、そういう男性に当たってしまったら性病をうつされる確率も上がります。

デメリット3 年齢によって収入が左右される

風俗は肉体的なサービスなので、どうしてもピチピチの若い肌が好まれる傾向にあり、指名されるのはいつも若い子になってしまいがちです。

デメリット4 身内や知り合いに知られる可能性

自分が所属している風俗の店舗にお客さんとして知人男性が来店したら当然バレてしまいますね。

メリットが多い方とは

高時給

チャトレとデリヘルやソープなどの風俗は双方とも他の一般的なバイトと比べて高時給のバイトであることです。

チャットレディに収入の上限はありません。パーティーチャットなどで複数人を同時に相手にすることにより物理的な制限なくいくらでも稼ぐことが論理的には可能なんです。

超絶売れている人気チャットレディは時給3万円以上の人もいるくらいで、そういった人は月収にすると300万円くらい稼いでいます。

チャットレディは普通にやっても時給で平均3,4千円、日給に換算すると1,2万円くらいになります。風俗だと平均して2万円から4万円くらいです。

チャットレディは風俗と比べても遜色ないくらいの高時給を誇りますが、やはり肉体的なストレスもあるので、全体的には風俗の方が時給がたかい計算になっています。

風俗嬢とチャットレディは待機時間なるものがあって、待機中はもちろん何もしていないので、時給が発生しませんので、待機時間ばかりだと無報酬になります。

風俗もチャットレディも指名が入らない限り、ずっと待機時間になって、下手すると丸一日待機で終わってしまうなんてことになりかねませんね。

ライブチャットサイトでオンラインで待機できるチャットレディはターゲットになるお客さんが大量にいるので、風俗に比べてメリットが多いです。

空いた時間に働ける

ライブチャットというものは基本的に年末年始だろうがお盆だろうが土日だろうがゴールデンウィークだろうがいつでもやっているので、文字通り24時間365日働くことができます。

風俗店などは店舗の営業時間にあわせた働き方になりますが、比較的好きな時間や日数で働くことができるといわれています。

日払いで給料が即金

風俗とチャットレディは日払い可能なところが多いです。風俗はほとんどすべてといってもいいくらいその日のうちの報酬はその日の帰りにもらうことができます。チャットレディは日払い可能なところもありますが、ほとんどは翌日に振込のところが多いです。

達成するノルマがない

チャットレディでもファッションヘルスでもソープランドでも、ノルマなんてものがあっても、どれくらい来客があって、どれくらい指名されるかもわからないので、本人の努力ではどうしようもないので、ノルマなんてものはそもそもありません。

チャットレディの方がメリットが多いです

ここまで淡々と風俗とチャットレディについて見比べてきましたが、チャットレディの方が総合的におすすめです。

チャットレディは風俗と比べて、店舗に行く必要もありませんし、物理的に接触せず、オンライン上のバーチャル空間でやりとりするだけなので、精神的にも楽に仕事ができます。

チャットレディのオンライン上で働けるというメリットは大変大きく、直接触れられないということが女性にとってどれだけ安心材料かがわかります♪

チャットレディは日常の隙間時間で働くことができて、通勤する時間もありませんし、スマホ一台、パソコン一台があればいつでもどこでも働けるというメリットがとても評判です。

チャットレディはとんでもなく融通がききます。ライブチャットサイトというのは24時間やっているので、早朝だろうが深夜だろうが、夜勤が本業でやっている人でも隙間時間にやれます。

他にも、チャットレディはネット上という巨大な市場があるので、風俗と比べるととても稼ぎやすいといわれています。

ライブチャットを使っている男性というのは、デリヘルやソープをつかって女性との交流を楽しんでいる客層とは若干違いますが、そもそもの分母が多いので、自分とチャットしたい!といってくれる男性なんていくらでもいて、すごい稼ぎやすい市場があるんです。

アラフォーくらいになると、熟女風俗店などで勤務したとしてもあまりお客さんが入らないかもしれませんが、ライブチャットなら、そもそもの利用者の母数が違うので、さまざまな趣味嗜好の男性がいて、いくらでもチャットして自分を必要としてくれるお客さんがいます。

ネットなら50代や60代の熟女としゃべりたいとか、アダルトなパフォーマンスをみてみたいという男性がいるので、それくらいの年齢になっても稼げるというのはすごいことですよね。

ここまででチャトレと風俗嬢をやる上で、どれくらいメリットとデメリットがあるかを検証してきましたが、どうでしたでしょうか。

一気にたくさん稼ぎたいひとは、ソープやファッションヘルスがおすすめですが、自宅や通勤チャットレディでのんびり誰にも邪魔されずマイペースに稼いでいきたいというひとはチャトレがおすすめです!

チャットレディは風俗みたいにたくさん稼げるわけではありませんが、それでも普通のバイトと比べると圧倒的に稼げる部類です!顔出しなしでもアダルトなしでもいいので、気軽な気持ちで一度やってみてください♪